八木北武道会TOP
     このサイトはフレーム表示をしています。左側に目次がない場合は  を押してください





上のイラストは、このサイトを読み込むたびに変わります。
































 八木北武道会とは

八木北武道会とは、次のような剣道の会です。


       


  【自啓公和】


  【入会できる人は】


  【稽古日・稽古場所】

(「八木北小学校」は どの辺り?→地図で確認する。)


  【会費】


  【用具】


  【その他】




























 主な年間の行事

 (注)基本的な行事予定です。


■定例の稽古

 −毎週、日曜日 
 

 :流山市立 八木北小学校 の体育館
  (10:00〜12:00)


 体育館が学校の行事、選挙等により使用できない日、及び春休み・夏休み・冬休みを除き、原則として、毎週 日曜日 及び 隔週の土曜日 に定例の稽古を行う。

(「八木北小学校」は どの辺り?→地図で確認する。)


●総 会 --- 4月 美田自治会館


●発会式 --- 5月 八木北小 体育館 ・ 美田自治会館


●納  会--12月     八木北小 体育館


●鏡開き ---1月   八木北小 体育館 ・ 美田自治会館




































  入会するには?

まずは、自由に見学してください。

そして、様子を見て 楽しそうだなぁ・・・ と思ったら申し込んでください。




場所:千葉県流山市美田 

     流山市立 八木北小学校 の体育館 (→地図で確認する。)















ご質問等はメール又は掲示板



































 宮沢賢治

宮沢賢治

生徒諸君に寄せる

雨にも負けず


 1896年〜1933年。岩手県花巻市出身。
 現在では、児童文学者としてよく知られた存在ですが、作品の多くは死後発表されました。




春と修羅 四 より

「生徒諸君に寄せる」

宮沢賢治


生徒諸君
諸君はこの颯爽たる
諸君の未来圏から吹いて来る
透明な清潔な風を感じないのか
それは一つの送られた光線であり
決せられた南の風である

諸君はこの時代に強ひられ率いられて
奴隷のやうに忍従することを欲するか

今日の歴史や地史の資料からのみ論ずるならば
われらの祖先乃至はわれらに至るまで
すべての信仰や特性は
ただ誤解から生じたとさへ見へ
しかも科学はいまだに暗く
われらに自殺と自棄のみをしか保証せぬ

むしろ諸君よ
更にあらたな正しい時代をつくれ

諸君よ
紺いろの地平線が膨らみ高まるときに
諸君はその中に没することを欲するか
じつに諸君は此の地平線に於ける
あらゆる形の山嶽でなければならぬ

宙宇は絶えずわれらによって変化する
誰が誰よりどうだとか
誰の仕事がどうしたとか
そんなことを言ってゐるひまがあるか

新たな詩人よ
雲から光から嵐から
透明なエネルギーを得て
人と地球によるべき形を暗示せよ
 
新しい時代のコペルニクスよ
余りに重苦しい重力の法則から
この銀河系を解き放て

衝動のやうにさへ行われる
すべての農業労働を
冷く透明な解析によって
その藍いろの影といっしょに
舞踏の範囲にまで高めよ

新たな時代のマルクスよ
これらの盲目な衝動から動く世界を
素晴らしく美しい構成に変へよ

新しい時代のダーヴヰンよ
更に東洋風静観のキャレンジャーに載って
銀河系空間の外にも至り
透明に深く正しい地史と
増訂された生物学をわれらに示せ
おほよそ統計に従はば
諸君のなかには少なくとも千人の天才がなければならぬ
素質ある諸君はただにこれらを刻み出すべきである

潮や風……
あらゆる自然の力を用ひ尽くして
諸君は新たな自然を形成するのに努めねばならぬ

ああ諸君はいま
この颯爽たる諸君の未来圏から吹いて来る
透明な風を感じないのか


 「生徒諸君に寄せる」は盛岡中学(現盛岡第一高校)の校友会雑誌に寄稿するつもりで書かれたものといわれます。
 完結せずに下書きで終ってしまっていて、本当の姿はどうなのか?・・・らしいです。


宮沢賢治へ           TOPへ































「雨にも負けず」

宮沢賢治


「雨ニモマケズ」

雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫なからだをもち

慾はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と

味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを

自分を勘定に入れずに

よく見聞きし分かり

そして忘れず

野原の松の林の陰の

小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば

行って看病してやり

西に疲れた母あれば

行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば

行ってこわがらなくてもいいといい

北に喧嘩や訴訟があれば

つまらないからやめろといい

日照りの時は涙を流し

寒さの夏はおろおろ歩き

みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず

苦にもされず

そういうものに

わたしは

なりたい


 

(原文)

「雨ニモマケズ」

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ

慾ハナク

決シテ瞋ラズ

イツモシヅカニワラツテヰル

一日ニ玄米四合ト

味噌ト少シノ野菜ヲタベ

アラユルコトヲ

ジブンヲカンジヨウニ入レズニ

ヨクミキキシワカリ

ソシテワスレズ

野原ノ松ノ林ノ陰ノ

小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ

東ニ病気ノコドモアレバ

行ツテ看病シテヤリ

西ニツカレタ母アレバ

行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ

南ニ死ニサウナ人アレバ

行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ

北ニケンクワヤソシヨウガアレバ

ツマラナイカラヤメロトイヒ

ヒデリノトキハナミダヲナガシ

サムサノナツハオロオロアルキ

ミンナニデクノボウトヨバレ

ホメラレモセズ

クニモサレズ

サウイフモノニ

ワタシハ

ナリタイ



宮沢賢治へ           TOPへ














































 サムエル・ウルマン

「 青 春 」

サムエル・ウルマン



青春とは人生のある期間ではなく
心の持ち方をいう。
バラの面差し、くれないの唇、しなやかな手足ではなく
たくましい意志、ゆたかな想像力、もえる情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気
やすきにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うときはじめて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。
苦悩、恐怖、失望により気力は地にはい精神は芥(あくた)になる。

60歳であろうと16歳であろうと人の胸には
驚異にひかれる心、おさな児のような未知への探求心
人生への興味の歓喜がある。
君にも我にも見えざる駅逓が心にある。
人から神から美、希望、よろこび、勇気、力の
霊感を受ける限り君は若い。

霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ
悲嘆の氷にとざされるとき
20歳だろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり
80歳であろうと人は青春の中にいる。


※ サムエル・ウルマン
宇野収、作山宗久訳
 三笠書房



・・・すぐに息が切れてしまう管理人および同世代の方々へ













































  ちず

検索エンジンの地図をご案内します。
お好みにより、ご利用ください!



地図の中央に「八木北小学校」があります。

Googleマップ

goo





それでも不明な方は、ご遠慮なくメール等でお尋ねください。



ご意見はメール又は掲示板






































  サイトご案内

このサイトについて

このサイトは 八木北武道会 の会員用に 運営しています。

○「geocities」のサーバーをお借りしています。
 (左の< 「お気に入り」に追加 >をクリックしてください。)


バナー広告については、このサイト(掲示板を含む。)が無料で利用できるための条件として表示されており、管理人に広告料収入があるものではありません。

剣道のイラスト.アイコンは  さんからお借りしました(楽しいイラストが沢山紹介されています)。
MIDIは  さんからお借りしました。

掲示板のアイコンは    からお借りしました。



管理人へのメールでどうぞ










メイン http://www.geocities.jp/yagikita_kendo/


a b c d e f g h i
? ? ? ? ? ? ? ? ?
* * * * * * * * *
# # # # # # # # #
% % % % % % % % %

SEO [PR] ]Ex IsbN fヲ ^T[o[ SEO